オープンホスピスとホスピスボランティア(臨床宗教師)の話し

 ホスピス病棟の見学(2名)、ホスピスボランティア(臨床宗教師)の活動報告
 他3名のボランティア活動をポスターで発表しました。

緩和ケア講演会「そのときまでしっかり生きる」

 星総合病院で定期開催している「キラリふれあい広場」の特別講演会として、当院緩和医療科部長 関茂樹が1時間の緩和ケアに関する講演会「そのときまでしっかり生きる」を行いました。 また緩和ケアについて知っていただくポスターの掲示、緩和ケア週間のビラの配布、講演後の緩和ケア相談を行いました。外来に来ていた患者さん、青空市に買い物に来ていた地域の一般の方々にも講演会を聴いていただきました。 人の生きること、死ぬことに関わるお話で、みなさん1時間大変熱心に聞いていらっしゃいました。緩和ケア相談ブースにも現在入院中のご家族からの相談などがありました。