緩和ケア週間

 がん体験者1名、ボランティア1名による体験談を、来場者は興味・関心を持って聞いておられ、笑いをテーマにした講演2部では、テーマの通り会場が笑いに包まれた。 また、展示スペースで院内の活動をはじめとした紹介や、試食品の提供には喜んで頂けた様子だった。
 参加後の意見は、「前向きになれた。笑顔を大切にしたい。」「元気になれた」などといった感想が聞かれ、患者さんにとっては、苦しい治療を受けながらも、笑えるひと時を過ごせたのではないかと思われた。