がんになっても自分らしく〜気軽にがん相談フェスタ〜

 午前中は職種別に相談コーナーを設けて個別相談に応じました。午後はミニレクチャー(医師、薬剤師、栄養士、MSWによる)を行い、 熱心に講義を聴講されていました。展示コーナーは自由に試供品や展示品を手に取ったり、各ブースの担当者が説明したり、気軽に相談でき、患者さんの満足度も高かったです。 また、昨年同様、患者さんの体験談、他の患者さんへの応援メッセージを募集し展示したところ、会場に訪れた患者さん・ご家族は熱心に読まれ、「励みになって前向きになれた」 「自分だけじゃないと思えパワーをもらった」「生の声は心に響いた」など、とても参考になられたようです。記念撮影では患者さん、ご家族の笑顔がとても印象的でした。

@ホスピス家族会 Aポスター展 B緩和ケア病棟見学会

@前年度亡くなられた患者様のご遺族を対象に、第18回家族会を開催しました。思い出のスライド上映では涙されるご家族もおられました。 後半の分かち合いでは、リラックスした雰囲気の中でそれぞれ心境や近況など気持ちを分かち合うことができました。最後のオカリナ演奏では「優しい音色にこころが洗われるようでした。」と喜んでいただきました。
Aポスター展は『緩和ケア病棟ってなあに?』をテーマに2週間掲示しました。緩和ケア病棟についての説明・行っているケアの特徴・日々の様子などを掲示しました。 また、緩和ケアについて記載したポケットテッシュを配布しました。新病院移転後、入院棟での開催のため外来患者さんへのお知らせが不十分であるとの反省点もありました。
B緩和ケア病棟見学会では、地域連携を目的に訪問看護師・ケアマネージャーさんを招いて入棟方法やレスパイト入院などについて説明会をおこないました。