ホスピス緩和ケア週間 @屋上ライトアップ Aメディカルカフェ

@ホスピス緩和ケア週間の期間は、病院の屋上を緩和ケアのテーマカラーのオレンジ色にライトアップして市民への緩和ケア啓発を行いました。
A10月18日の午後から病院玄関付近でメディカルカフェを開催し、患者・家族の相談に対応しました。

ひろめよう、緩和ケア

@ホスピス緩和ケア週間イベント「ひろめよう、緩和ケア」を開催しました。10月3日(月)に来院された患者さん・ご家族や医療従事者に対して、緩和ケアの啓発・普及活動を実施しました。 緩和ケア週間啓発用のパンフレット500部、院内各スタッフが育てた風せんかずらの種(白いハートがカワイイ黒い小粒)を配布しました。 緩和ケアを広く知っていただくために、当院のスタッフで結成した「なご☆みん一座」による「緩和ケア病棟ご説明公演・出雲弁バージョン」を行いました。 また、多職種のスタッフが一生懸命練習をしたハンドベル演奏をご披露し、癒やしのハンドマッサージ、医療ソーシャルワーカーの緩和ケア相談、リハビリテーション部からストレッチの実践、 栄養部は試飲・試食ができる栄養相談を行い、患者さん・ご家族のみなさまにご参加をしていただきました。特別ゲストとして「しまねっこ」が、にわかバックダンサーを引き連れた華麗なダンスを披露して、 一緒に緩和ケアの啓発、普及活動を行い、場を明るく和ませてくれました。
A10月25日(火)は、ケアマネ支援塾「ケアマネ道場」と共同開催で、緩和ケア地域連携カンファレンスの中で「緩和ケアの視点にたったケアマネジメント」〜模擬カンファレンスから学ぶ〜をテーマとし、カンファレンスを行ないました。 カンファレンスの様子を客観的にみることで、運営方法やそれぞれの職種の役割、緩和ケアの視点に立ったケアマネジネントについて学ぶことができました。