緩和ケア週間緩和ケア啓発イベント

 当日の様子はこちらをクリックしてください。PDFが開きます。

いたみゼロの日、緩和ケア週間ポスター展

 緩和ケア普及のために「いたみゼロの日」としてイベントを開催し、アロマハンドマッサージ、お食事相談、お薬相談のコーナーを設けました。 コーナーを利用いただいた参加者の方からは、家族として告知を受けた当初を振り返りつつ、ショックからの回復の体験談や、化学療法を選択する上での揺れる気持ちについてなど、お話を聞かせていただき、 参加したスタッフからは「患者さん・ご家族の気持ちに常により添えるよう在りたい」と今後へ活かす言葉がありました。 また県内のがん拠点病院の緩和ケアチーム、県内の緩和ケア病棟、訪問診療・看護を紹介するポスター展を同時開催しました。そして、がんに関連したリーフレット類やがん患者さん手作りの小物の配布を行いました。

徳島県ホスピス緩和ケア

 当院や徳島県内の医療機関、団体、緩和ケアチームの紹介ポスターを当院の外来廊下に展示し、来院者に対して緩和ケアに関する普及啓発を図った。

ホスピス緩和ケア週間 in Tokushima2016

@前夜祭 野外コンサートは、近藤内科病院[ホスピス徳島]緩和ケアガーデンにて行われました。あわ工芸の三番叟、女声合唱団「鸞」、フルートとピアノの調べの演奏を楽しまれました。 最期はアンサンブル「わかば」と参加者で「365日の紙飛行機」を合唱しました。
Aパネル展は、スーパーセンターマルナカ徳島店、徳島県庁、NHK徳島放送局、近藤内科病院で行い、参加者にホスピス緩和ケアの啓蒙を行いました。
Bスーパーセンターマルナカでは、医師によるがん医療相談を行いました。
C第3回徳島がんリハビリテーションネットワーク研究会:「メンタルケアとコミュニケーション」をテーマに、国立がん研究センター中央病院の内庸先生をお招きし、ご講演いただきました。 第二部では、鴨島病院、徳島病院、徳島市医師会訪問看護ステーション、近藤内科病院より実践報告を行い、理解を深めました。